再塗装フレーム 組みあがりました

再塗装フレーム 組みあがりました

以前の記事
で紹介いたしました再塗装フレームが組みあがりました

本当は細かくアップしようと思っていたのですが
ちょっと時間が経ってしまったのでさっくり紹介したいと思います

今回は赤を随所に取り入れたインパクトのある一台に仕上がりました

コンポはSRAM RIVAL(10s)
ホイールのド派手なハブが目を引きます

ピッカピッカのフレームに「ガラスの鎧」を施工してさらにピッカピカになってます
ガラスの鎧については後日紹介したいと思います

現在店頭展示中です
試乗車として組んでおりますので
フレームの塗装を見てみたい方、SRAMのダブルタップってどんなもんか見てみたい方
ぜひともお声掛けください

 

うなるカッコよさです

 

 

さてそんなこのフレームで組み付け前のひと手間をご紹介

それはBBタップ&フェイスカットです

塗装したままのフレームはヘッドやBBまわりそのほかのネジ部分に塗装が乗ったままになっています

そのままで組み付けできる部分もありますが
BBやヘッドパーツは塗装をはいできれいにしたうえに組み付ける必要があります

塗装がこんな感じで乗ってますね

ここに専用工具を使ってまずネジをさらいます

新品の状態ではないのでほとんど問題ないですが
ネジがするする入らないとこのあとの作業もやりにくいためクルクルとネジ山をきれいにしていきます

中にはほとんど塗料は入っていなかったようであっさり終了

次にBBのフェイスカットをします

フェイスカットとは塗装の乗った面をきれいにならしてBBが面一できっちりネジこめるようにするための作業

こちらも専用工具を突っ込んで

慎重に削りすぎないようにゴリゴリまわしていきます

最初はどんどん削れて不安になりますが意外と塗装が厚く乗ってます

削れ具合を確かめながらグリグリすると・・・

ほら、この通りツルツルになりましたね

こうなっていればBBもしっかり組みつけられます

見えないところだからこそ
しっかりやった成果が出る場所です
専門店品質に恥じない自転車を作るため

こっそり皆様の自転車もピカピカにしているのです

 

もちろんフレーム処理単体でも作業いたします

自分の自転車が気になったかたはご相談ください

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です