諏訪大社下社 遷座祭

諏訪大社下社 遷座祭

令和三年二月一日、昨日迄の厳寒とは打って変わって、小春日和。

温かなオレンジ色の、のどかなお日様に抱かれてました。

サイクリストマツザワは、諏訪大社下社のお膝元に所在します。

恒例の遷座祭が厳かに執り行われました。

 

遷座祭は、立春を前に田畑の神を里に迎えるともいわれる祭儀だそうです。

偶然にも店長が配達中にその行列に出会いました。

 

大門の鳥居の方から先導の方々が

かなり間隔が開いて、ご神体が

下馬橋を渡られて

神楽殿表側から入られ

裏側から出てこられ

最終的に幣拝殿にご到着です

 

雅を纏い、格調高く粛々と進まれる神様を目の当たりにすると、希望の灯火を感じ胸が熱くなります。

恒例の光景が確かに目の前で行われている。

ソーシャルディスタンスが当たり前になった現在でも、人と人の心の距離は決して離れてはいないんだ。

そして、神様も変わらず私達を見守って下さっている。と実感しました。

 

諏訪は、古の歴史が生活に根付いた街です。

あらゆる所に神様がいらっしゃいます。

春の足音が聞こえます。

共に手を携えて、元気に諏訪の春を迎えられますように。心より祈念申し上げます。

 

皆様、ご自愛ください。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です