入門機に最適! 2019 ANCHOR RL3 

入門機に最適! 2019 ANCHOR RL3 

2018年モデルでデビューした
ANCHORのオススメロードバイク

「RL3 DROP」

10万円クラスの入門機ながらSORAアッセンブル!
ここ大事です!

しかもブレーキもちゃんとSORA組ですから安心!

ワンランク上のパーツアッセンブルです

正直他のメーカーの9万位の最安機を買うなら絶対こちらのほうがお得だし
何より性能面で安心できます

何よりアンカーにこの値段で乗れるのはラッキーですよ

さて、今回紹介のカラーはカタログ未掲載限定カラーになります
「ネオンライム」

ネオンカラーが写真と実物で色が違いがちな感じもありますが
最近人気のネオングリーン、イエロー?です
このほかにストロングカーキ(こげ茶)があります

通常カラーは他3色です
色も結構選べてうれしいですね

 

ここからRL3の入門機としての最適ポイントを紹介しましょう

1、リアのスプロケットに11-32Tを装備!(限定カラーのみ)

つまり軽くて坂を登りやすいギアを積んでいて無理なく走れる
ガンバルばっかりがロードバイクじゃないのです

2、クランク長が165mm

通常の完成車は170mmのものがほとんどです
クランクが短いと何がいいのかという理論はさておき
とりあえず、短いと回しやすくなります
つまり、ペダリングが楽になります

そう、楽に走れます(かなり大雑把な言い方ですが)

ちなみにクランクはスギノ
安心のJAPANブランドです

さすがアンカー

3、サドルも乗りやすくなってます

スポーツサイクルに乗り始めると多くの人が最初に言うこと
「お尻が痛い」

RL3は通常のロードモデルよりクッション多めに出来ていて
どっかり座っても痛くなりにくくなっています

最近はクロスバイクでも結構スポーティなサドルが付いていて
薄くできているのでこれはうれしい配慮ですね

4、先々まで使えるスペック

こちらのバイクのフレームはPROFORMATという
アンカーラボで研究を行った技術が使われています

「推進力を最大に高めるフレーム」という目標のもとに研究した技術が使われているわけですから
RL3もただの安いフレームとは違います
乗り味もしっかり考えられたフレームです

通勤通学から週末ライド
イベント参加まで幅広くアシストしてくれる
楽しく乗れる一台

フラットモデルも用意されていて
最初はドロップハンドルは怖いなという方も
ステップアップして使っていただけるようになっております

 

初めてのスポーツサイクルを検討されている方はぜひぜひ一度ご覧ください

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です